アトピー・乾燥肌の人が意識して摂取すべき「痒み」を抑える食べ物と止めるコツ

痒みを引き起こす・招いてしまう食べ物がある一方で
痒みの緩和につながる栄養素を含んだ食材も存在します。

それらの食材は、「アレルギー反応を抑える」働きや
「痒みを抑える」という働き等、様々な角度から痒みをケアするものであり
アトピー・乾燥肌というだけでなく、肌荒れやニキビといった
肌の不調を改善する効果もあり、それらは結果的に
<外部>からの刺激に対して、肌を強くすることにもつながります。

「抑える」のではなく「予防」という考え方も重要

また、「痒みを抑える」という要素に加えて
「痒くならないようにする」といった、予防としての摂取も大切なことになります。

痒みが起きる原因となる「ヒスタミン」は、一度発生してしまうと
分泌が終わり、血液からなくなるまでは、痒みがひかないものであり
「冷やす」というケア以外では、早急に抑えることが困難です。

そのため、ヒスタミンの「発生」を抑えることもまた
痒みを抑えるうえで、非常に重要な要素になってきます。

プロポリス(ハチミツ)

「プロポリス」は、肌の調子を整える・改善するための
ピンポイントな効果を持つ成分として知られます。

  • 肌に起きている炎症を抑える
  • 肌質を修復・強化してくれる

といった、弱い肌にとって非常にありがたい成分になります。

主な食材としては「ハチミツ」が挙げられますが
日常的に摂取している人、全く摂取していない人で
非常に極端な食材であると言えます。

しかしながら、まず最初に意識して摂取し始めたい食材であり
習慣がない方にこそ、おすすめになります。

↓↓プロポリス配合の「痒くなりやすい人」のための専用サプリも

「アトケアプロ」の詳しい解説ページへ

ヨーグルト

「乳酸菌」は、アレルギーの「質」を決める
大腸を正常に保つ成分になりますが、「ヨーグルト」ということが重要です。

乳酸菌は、発酵という過程によって生成されるため
含まれている食材は、基本的に「発酵食品」と呼ばれるものになります。

しかしながら発酵食品には、痒みを招く成分である
「ヒスタミン」が含まれているため、できれば避けたいものになります。

ヨーグルトは「乳製品」に対するアレルギーさえなければ
非常に有効なものであり、特に最近では「プロバイオティクス」といった
乳酸菌の種類ごとに細かく分けられた商品も多く、再度その効果が注目されています。

お茶(緑茶)

お茶に含まれる「カテキン」は、「ポリフェノール」の一種であり
炎症を抑える効果のある成分になります。

お茶には様々な種類があり、基本的に「茶葉」は共通したものになりますが
アレルギーを考慮した際には、一般的な「緑茶」がおすすめです。

「油」の扱いについて

アトピーの原因として、また症状を引き起こす「トリガー」として
「油」は広く知られており、より注意している人も多いと思います。

実際にアレルギーの発症・症状に関係が深いものであり
注意して摂取すべき対象となるものでもあります。

しかしながら、注意しなければならいないのは
その「内容」であり、食べると・食べたからダメというものではありません。

確かに、いちいち判別して・神経質に摂取することは大変なことです。

しかしがら、「リスク」ではなく「改善」につながる可能性もあり
また「食の楽しみ」にも欠かせない、非常に重要なものでもあります。

脂質には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があり
<よくない>とされるのは、肉類やジャンクフードに含まれる飽和脂肪酸であり
一方の不飽和脂肪酸の、一部である「オメガ3」はアレルギー反応・痒みの緩和につながる
また、一般的な意味での「健康:にとっても非常に有効な成分でもあります。

  • 免疫力の正常化
  • 炎症の緩和

といった、プロポリスにも近い効果があり
もし今まで避けていたといのであれば、少しずつ試して欲しい食材になります。

主に

  • 青魚
  • マグロ

といった、魚介類や

  • えごま油
  • アマニ油

といった、やや高価な食用油に含まれています。

オメガ3は、コレステロール・血中脂肪の減少効果もあり
そもそも、ダイエットに関するブームによって人待ったものであり
アトピー且つ「肥満体型」という方は、ぜひ摂取して欲しい成分になります。

海藻類

ワカメ・混布といった海藻類には、「痒みを抑える油」である
「α-リノレン酸」を、豊富に含んでいます。

α-リノレン酸に関しても、オメガ3にくくられる油になりますが
比較的摂取しやすい食材い含まれており、ヘルシーな傾向もあります。

体内の「水分」を不足させない

アトピー問わず、特定の物質の発生が関わるトラブルを
「鎮静化」するために、最も欠かせないものが「水分」になります。

痒みの原因となるヒスタミンは、誰であっても発生するものになりますが
発生してしまった際には、「早く治める」ことも大切です。

そのためには、体内の「めぐり」をスムーズにしておく必要があり
「便秘の解消」に加えて、十分な水分量を保っておくことで
血液・体液の循環をスムーズにしておく必要があります。

最も身近で・手軽な要素になりますが、「常に」ということは
なかなか難しいものであり、そのためにはやはり<意識>が必要になります。

 

<PR>
アトピー肌に驚きの効果が見られた「酵素ドリンク」の解説

「アレルギーを起こしやすい腸内環境」を改善するサプリの解説

関連記事

ピックアップ記事

アトピー肌の女性は乳液を使うべき?美容液・クリームだけでいい?~基礎化粧品を適切に使いこなせ!~

アトピー肌・乾燥肌と呼ばれる、外部からの刺激に敏感な肌を持った女性は 日々の「メイクアップ」に関する悩みが、人一倍特に多いことに違いありま…

ページ上部へ戻る