アトピー肌の女性は乳液を使うべき?美容液・クリームだけでいい?~基礎化粧品を適切に使いこなせ!~

アトピー肌・乾燥肌と呼ばれる、外部からの刺激に敏感な肌を持った女性は
日々の「メイクアップ」に関する悩みが、人一倍特に多いことに違いありません。

基本的には、薄め・ナチュラルメイクの傾向が見られますが
やはり女性としては、「気合を入れて」また「楽しむ」ことも必要です。

その際には、どのようなメイク道具を選ぶのか、ということも大切ですが
このメイクのことを考えた時にこそ、「スキンケア」の大切さに気付くはずです。

しっかりと・納得のいく・限りなく一般的なメイクをするためには
健康な肌が欠かせないものであり、健康な肌を作ることこそがスキンケアなのです。

敏感肌の方にとっては、メイク以前に、このスキンケアに苦労している方も多いはず。

しかしながら、このスキンケアと、最終的な目的であるメイクをつなげる
存分に利用すべき橋渡しとして、<バックアップ>してくれる存在が
「基礎化粧品」であり、この基礎化粧品を適切に・存分に利用することで
翌日の<スムーズなメイク>へとつなげることができるのです。

肌に触れるもの「数」は少ない方がいい

基礎化粧品とは、<肌を装飾する>ものではなく
<肌を整える>ことを目的としたアイテムであり
基本的には、一日の終わりに<メイクを落とした後>から始めるものになります。

そのため、入浴後・就寝前のケアが一般的と言えます。

この基礎化粧品と呼ばれるものは、使用する順番に並べると
多い人では、

  • 洗顔料
  • 乳液(美容液)
  • 美容液(乳液)
  • クリーム(ジェル・オイル)

この順番というのは、主に「保湿効果」が低いものから使用することになりますが
一般的にも「全て使う必要があるのか?使うべきか?」という疑問は度々見られます。

人によって、利用するアイテムや順番は様々であり
もっと多くのアイテムを利用する方や、順番・タイミングに関しても
自分なりの方法を編み出している女性も多いはずです。

しかしながら、

ことアトピー性皮膚炎・極度の乾燥肌の場合には
「可能な限り少ない種類」で、肌を整えるべきと考えられます。

その理由としては

  • 保湿成分の種類が多いことによって、その成分による刺激のリスクが増えること
  • 基本的にそもそもの保湿機能(水分)の器が小さいこと

といったことから、保湿成分が多ければ多いほどいい、とは言えないためです。

最小限の数で、最大限の効果を求めるべきと言えます。


絶対必要な「化粧水」以外の取捨選択

その際には、まず絶対必要不可欠なものとして「化粧水」があげられます。

そもそも化粧水とは、肌を整えることを目的としていること
また、洗顔後の無防備な肌に最初に触れることになるためです。

化粧水自体には、基本的には保湿成分は入っておらず
その後の浸透しやすいよう、準備する「サポート役」に過ぎないと言えますが
「調整役」と同時に、次の段階へのクッションにもなるアイテムなのです。

特に<アトピーでも使える(相応しい)>とされる化粧水には
極度に乾燥した肌に合った成分が含まれているため、ぜひ試して欲しいものになります。

アトピー肌のための化粧水「オージェンヌ」の詳しい解説

しかしながら、この化粧水だけでは不十分と言えます。

そのため、<化粧水の次>の段階から考えていくべきですが
その選択肢を考える際に、<何が・なぜ必要で・必要ないのか>
さらに、<どこで終わりにするのか>を考える必要があります。

水分を<留める>に<与える>を追加したい

<保湿>というのは、その名の通り<湿度を保つ>ことであり
これは「普通の肌」を持った人、つまり<水分を持っている>ことが前提の考えです。

「超乾燥肌」の人にとっては、はっきり言って「物足りない」発想です。

もちろん、最低限必要な要素ですが
それ以上に「与える」ということが大切なのです。

そのため「乳液」という過程に関しては、真っ先に除外できる段階と言えるのです。

乳液とは<保湿成分を含んだ化粧水>であり、一般的な肌質の女性であれば
化粧水の段階を飛ばして、乳液だけで済ましてもそれほど問題はありません。

しかしながら、敏感肌の女性にとって
化粧水は「絶対」であり、飛ばすことのできない段階です。

だからこそ、最初から乳液を除外して
その分、次のアイテムを検討すべきと言えるのです。

そしてその際に、「最低限のアイテム数」と考えるのであれば
当サイトでもおすすめしている、「保湿ジェル」と呼ばれるものを
化粧水の後に利用し、この2つのアイテムで済ますことが「最小ルート」と言えます。

<アトピーにおすすめ!>とされるアイテムというのは
ジェル状・ローションと、様々なカタチをしていますが
基本的には、<超保湿をしつつ水分を与える>というコンセプトになります。

ジェル状の「アクアゲルマジェル」



化粧水に加えて、こういったアイテムを使用することが
メイクに関する悩みの解決にとどまらず
「アトピー肌の改善始め」の段階では、非常に効果が大きいと言えます。

「アクアゲルマジェル」の詳しい解説ページはこちら

保湿に保湿を重ねる必要はない

乳液と美容液は、両方ともが保湿成分を含んでいますが
両方使うよりは<どちらか>にしぼる方が得策といえ
そして乳液を選ぶ段階というのは、肌の回復を待ってからにすべきと言えます。

これらのアイテムを併用する場合には、メリットよりも
デメリットの方が大きくなるリスクが考えられるため
基本的には、あまりおすすめできるものではありません。

また、「化粧水も飛ばして1つだけ」ということであれば
「オールインワン」と呼ばれるアイテムがおすすめと言えますが
実際には、オールインワンのアイテムというのは、
「ちょっと質が低い」と言えるものが多いものです。

しかしそんな中でも、優れているアイテムは存在しており
こと<アトピーでもおススメ>と言えるアイテムとしては
「バリアバランス保湿ジェル」がおすすめと言えます。

オールインワンとして販売されていますが、化粧水の後に利用することで
より効果を得られること、更にいつでも・どこにでも利用できるアイテムであり
就寝前のお顔のケアだけでなく、1日のどのタイミングにもおすすめできます。

アイテム数(肌に触れる成分)は、少ないほどいいことから
この「バリアバランス保湿ジェル」で済むのであれば
これ1つで、しばらく様子を見ることもおすすめの方法と言えます。

「バリアバランス保湿ジェル」の詳しい解説ページへ

関連記事

ピックアップ記事

アトピー肌の女性は乳液を使うべき?美容液・クリームだけでいい?~基礎化粧品を適切に使いこなせ!~

アトピー肌・乾燥肌と呼ばれる、外部からの刺激に敏感な肌を持った女性は 日々の「メイクアップ」に関する悩みが、人一倍特に多いことに違いありま…

ページ上部へ戻る