アトピー肌のかゆみの症状に「ステロイド」はどんな効果がある?~使うべき?やめるべき?メリット・デメリットは?~

<アトピー肌に使うアイテムと言えば、ステロイド>というほどに
「ステロイド」という成分を含んだアイテムは、アトピー性皮膚炎の肌にとって
「効果が見込める、唯一の成分」や「諸刃の剣」といった印象といった
複雑なイメージの沸くことが多いですが、特別な成分であることは確かです。

実際に、このステロイドを含んだクリーム(軟膏)は
アトピー性皮膚炎の肌に対して、「有効性がある」とも言えるのであり
その利用者は、<一定症状を超えているアトピー患者>のほとんどであるはずです。

「なくてはならない」という人さえ、珍しくないものであり
使った方がいい?ではなく、「使うべき」と言えるアイテムですが
それには「賛否両論」があり、その理由についても知っておくことが大切です。

「治らない」が極めて有効な成分

アトピーにとって、ステロイドがどのような存在であるかを一言で表せば
「治すことはできないが、症状に対して非常に大きな効果を果たす成分」と言えます。

この<大きな効果>というのは、<アトピーのつらさ>の最大要素である
炎症反応による、「かゆみ」の症状の沈静・軽減になります。

短期的・ピンポイントでアトピーの症状を抑えるためには
ステロイドよりも、効果のある成分というのはないとも考えられるものです。

正式には「ステロイド外用薬」と呼ばれる「薬」であり
基本的には、医師からの処方によって利用するものになります。

その「強さ」には段階があり、当然「症状」によって使用すべきものは変わります。

「ヒスタミン」と呼ばれる、痒みを発生させる成分を抑制する効果があり
アトピーだけでなく、「湿疹」や「虫刺され」等にも効果があるものです。

>>「痒み」と「ヒスタミン」の関係について詳しく

「湿疹程度で?」と思われる方も多いと思いますが
ステロイドが含まれた「かゆみ止め」は、意外と種類が多く
実はドラッグストア等で、手軽に手に入るものでもあります。

※ステロイドには、口径摂取による処方も存在しますが
基本的には主流ではないため、このページでは「軟膏」についての内容になります。

思われているほどの「副作用」はないと言える

このステロイド軟膏の問題に関して、最も誤解されている部分といのが
「副作用がたくさん・恐ろしいものであり、怖いものである」ということです。

しかながら、<言われているほどない>ことは間違いありません。

ただし、副作用と言えるものが存在することは事実であり
主に「肌が薄くなる」ということが、顕著なものと言えます。

これは皮膚細胞の増殖が抑制されてしまうことによるものであり
<血管が透けて見える(実際に血管の拡張作用も有)>ことが特徴です。

また「皮膚が黒ずむ」という症状が、ステロイドの副作用のように思われていますが
あくまで「炎症が起きていた場所の、炎症が収まった痕」になります。

使う・使わないに関係なく残ってしまうリスクがあり
ステロイドを使用しないことで、より深刻なものとなる可能性もあります。

この副作用に関しては、非常に長きにわたる論争がありますが
基本的には、歴史のある<問題のない>成分であり
使わないことによるデメリットの方が、圧倒的に多いと言えます。

「必要なら使うべき」という当然の基準

ステロイドに対して、強い拒否感ある方も未だに多いと言えますが
塗布を拒んだ結果、非常に重篤な症状になってしまったケースも珍しくありません。

かつて一時期、「脱ステロイド」というブーム?のようなものがありましたが
「犠牲者」になった方々の話は、聞いたことのある方も多いと思います。

特に「子供に対して塗らない親」という現象が、問題となったこともあります。

ステロイドを使わないことで、重い・つらい症状が現れるのであれば
「使ったほうがいい」ということは、まぎれもない事実と言えます。

確かに、上記したような副作用が見られることは否定てきませんが
悪化させてしまうことによって、<深い痕>が残るリスクの方が大きいと言えます。

使うべきか、使わないべきか、それを判断するのは
もちろん自分自身になり、両方を経験した後に
必ず「総合的にいい(よかった)方」を選択することが必ず必要です。

うまく付き合って「必要ない状態」に近づける

当サイトでも、繰り返し解説している通り
アトピー性皮膚炎というのは、「完治」は難しいまでも
放置して耐えられないことのない、極めて軽い状態に近づけることは可能であり
極度の乾燥肌と、アトピー性皮膚炎には、決定的な違いがありますが
「ちょっとした乾燥肌」にまで改善することが、最終的な目標と言えます。

それには「外側からのケア」だけでなく、「内側からのケア」も必要と言えますが
「ステロイドが要らない体」にするためには、正しくステロイドを使う必要もあるのです。

関連記事

ピックアップ記事

アトピー肌の女性は乳液を使うべき?美容液・クリームだけでいい?~基礎化粧品を適切に使いこなせ!~

アトピー肌・乾燥肌と呼ばれる、外部からの刺激に敏感な肌を持った女性は 日々の「メイクアップ」に関する悩みが、人一倍特に多いことに違いありま…

ページ上部へ戻る