アトピーの痕・硬くなった肌の効果的な改善策とは~全身の肌を柔らかくして綺麗に肌に生まれ変わらせる~

アトピー皮膚炎は、その症状が顕著な時期だけでなく
治まった痕・改善の兆候が見られた際、また改善した後にも
肌に関する<見た目のトラブル>は、つきまとうものになります。

「痒い」「痛い」という症状自体が治まった痕に残る
「アトピーの痕」そして、繰り返す症状によって「硬くなった肌」
その見た目にも、美容面におけるデメリットが多い状態と言えます。

このアトピーの痕を、綺麗な肌の状態にすることまでが
本当の意味で、アトピー肌の克服と言えます。

「硬く」なって「色素」が沈着している状態

アトピーの痕というのは、

  • 肌の黒ずみ
  • 肌の硬化

裂傷の後にできる、「かさぶた」と似たものと言えますが
その繰り返しによって、より強固に定着してしまった状態になります。

いわば「肘」や「膝」と、同じ状態・条件となっているのです。

一般的なかさぶたであれば、1回1回を完治させることで
綺麗に改善することができますが、治らなうちに次の炎症が発生することで
なかなか解消が難しい、まさに<皮膚の一部>となってしまっている状態と言えます。

もちろん、個人差があるものになりますが
幼い頃等からの、長期間にわたる症状が見られる場合には
より解消が難しいことは、言うまでもありません。

また、より症状が強いものであった場合には
いわゆる「サメ肌(鳥肌)」と呼ばれるような状態も珍しくはありません。

徹底的な「保湿」と「新陳代謝」

肌質を改善するためのアプローチは、アトピー肌であっても
一般的な肌であっても、同じものになります。

そしてその鍵を握るのは

  • 保湿
  • 新陳代謝

この2つによって、「今の肌」を「新しい綺麗な肌」に変えていくことです。

「汚れ」をとりやすく<取り替えやすい>細胞にしていく

まずは「保湿」によって、肌を柔らかくすること
硬くなってしまった・色素が沈着してしまった状態から
黒ずみ・古い細胞を<取り替えやすい>状態にしていきます。

肘・膝という部分は、汚れが溜まりやすいこと同時に
細胞間が硬くなっていることで、除去しにくい状態であると言えます。

肌細胞を軟化することで、まずは「物理的な汚れ」を除去しやすくし
更に、その後の新陳代謝がスムーズになるように誘います。

新陳代謝で新しい・綺麗な肌に

この「新陳代謝」に関しては、一般的な意味での<肌細胞の生まれ変わり>のことであり
そのためには体の外からの働きかけと同時に、体の中からの働きかけが必要と言えます。

  • 十分な水分
  • 内臓をはじめとした体内環境の改善
  • 適度な運動

といった、幅広い角度からの「めぐり」の改善が必要となります。

そしてその際には、「腸内環境」が鍵を握るものであり
<便秘の解消>によって、代謝の始めりをスムーズにすること
また腸内環境の改善は、アレルギー体質の改善の基礎でもあります。

※参考記事:アトピー性皮膚炎と乾燥肌の痒みの原因の違いとそれぞれの対策

「入浴」で効率的に綺麗な肌を目指す

肌を柔らかくするため、また敏感肌を持つ方にとっては
何らかの保湿アイテムを利用していることが一般的であり
早い改善を目指すためには、ぜひ使うべきものと言えます。

しかしながら、保湿機能が優れたアイテムというのは
基本的には「顔面」に使用する、スキンケア・メイクアップ補助アイテムがほとんどです。

また、全身に利用することを目的としたアイテムというのは
消費のスピードが非常に早くなってしまい、何より一般的なドラッグストアで
市販されているアイテムというのは、もしかしたら<刺激が強すぎる>可能性があります。

アトピー性皮膚炎の重い症状は治まってきたとしても
根本的には、「弱い肌である」ということを忘れてはなりません。

そのため、やはり「敏感肌専用」のアイテムであること
体全体に働きかけることができるアイテムであることが条件となり
そういったことからも、「敏感肌のための入浴剤」がおすすめと言えます。

みんなの肌潤風呂

「みんなの肌潤風呂」非常に利用者の多いロングセラーアイテムであり
その点からも、まず安心して利用できることがメリットです。



もともと「みんなの肌潤糖アトケア」という、こちらも人気のアイテムを
体全体に使うことがコンセプトであり、全身のアトピーの痕の改善のためにも
最も相応しい、ぴったりのアイテムであると言えます

>>>「みんなの肌潤風呂」の公式ページはこちら

「みんなの肌潤風呂」の詳しい解説はこちら

入浴による体温の上昇・血行の改善は、新陳代謝を促進するものであり
何より<じっくりと>柔らかくすることで、基礎的な沈着物の除去もしやすくなる
アトピーの痕に悩む方にとって、一石何鳥にもなるアプローチと言えるのです。

幼い頃から、アトピーに悩まされてきたことで
「自分の綺麗な肌を見たことがない!」という方もいるかもしれません。

ぜひ「生まれ変わった肌」で、オシャレも楽しんで欲しいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

アトピー肌の女性は乳液を使うべき?美容液・クリームだけでいい?~基礎化粧品を適切に使いこなせ!~

アトピー肌・乾燥肌と呼ばれる、外部からの刺激に敏感な肌を持った女性は 日々の「メイクアップ」に関する悩みが、人一倍特に多いことに違いありま…

ページ上部へ戻る