乾燥・敏感肌とアトピー性皮膚炎におすすめのスキンケアアイテム

極度の「乾燥肌」や、それに伴う「敏感肌」
そして「アトピー性皮膚炎」といった、肌トラブルを抱えている人にとって
症状の対策・改善のため、何らか処方箋・アイテムを利用することは一般的です。

一定の段階・程度を超えた症状というのは
食生活や生活習慣の改善といった、自己流の対策・改善策では
どうしても症状を抑えることができないケースが多いためです。

症状が重いほどに、効果の高い(それに伴い高価になる)ものが必要であり
それは、病院で医師から処方してもらうものや
一般的なドラッグストアで購入が可能なものと様々です。

しかしながら、世の中には様々なスキンケアアイテムが存在しており
「多すぎて選べない」と同時に、「知らなかったもの」もたくさんあるはずです。

特に美容に関するアイテムに関しては、様々な規制緩和・新発見が続き
更にネットによる興味・需要の増大によって、新たなアイテムが増え続けています。

また、スキンケアに関わる「細胞科学」といったものは
日々研究が進められている分野であり
常に新商品の開発・改良が勧められているものになります。

しかしながら、スキンケアは試行錯誤の連続である一方
どうしても保守的になりがちな傾向があります。

「今使っているものが自分には合っている」

「他のものに変える必要がない」

肌トラブルの症状には「かゆみ」「痛み」が伴うため、仕方がないことでもあります。

しかし、それでも「今より肌を健康に・綺麗にしたい」という気持ちがあるのであれば
「部分的」にでも、新しいものを使ってみるということも大切です。

特に「肌を綺麗に見せる」ということは「オシャレ」をする際に
非常に重要な要素であり、日常における楽しみの幅が広がります。

ぜひ、以下のアイテムの解説を参考にしてみてください。

「弱い肌」におすすめのアイテム

「スキンケアアイテム」とひとことで言っても
その種類・ジャンルは様々であり、ここではその用途ごとにまとめました。

美容液・スキンケア

弱い肌に悩んできた方に一度は試して欲しい
「サラヴィオ美容液」の詳しい解説

弱い肌にできてしまった「ニキビ跡」には
「薬用RGアクネ&スキンケアセット」の詳しい解説

根本的な乾燥要因を防ぐ
「アクアゲルマジェル」の詳しい解説

「美肌菌」を利用した自然な改善策
「ヒューマンフローラ:整菌ラボシリーズ」の詳しい解説

基礎化粧品・下地作り

アトピー肌でも使える徹底的に優しい化粧水
「オージュンヌ」の詳しい解説

アトピー肌でも安心して使える乳液
「咲水スキンケア乳液」の詳しい解説

保湿バリアで根本的なケアもできるオールインワン
「バリアバランス保湿ジェル」の詳しい解説

普通の化粧への第一歩
<オルビス>「アクアフォース」の詳しい解説

敏感肌のための貴重な美白化粧品
<ディセンシア>「サエル」の詳しい解説

頭髪・頭髪のケア

徹底的に「頭皮」に優しい育毛アイテム
「M-1育毛ミスト」の詳しい解説

傷つきやすい頭皮のためのトリートメント成分配合美容液
「すこやか地肌」の詳しい解説

体の外からの習慣的なケア

リスクのある習慣を特別なケアに変える
「みんなの肌潤風呂」の詳しい解説

アトピー肌のピンポイントケアに
「みんなの肌潤糖アトケア」の詳しい解説

体の中からのケア

敏感肌の幅広い悩みの根本原因にアプローチ
「アレルナイトプラス」の詳しい解説

免疫機能に働きかける「酵素ドリンク」
「MREビオス」の詳しい解説

「プロポリス」の力で肌質と免疫力を強化
「アトケアプロ」の詳しい解説

スキンケアアイテムを利用する際の注意点

以上に挙げたアイテムは「アトピー性皮膚炎レベル」
弱い肌にも使えることを、基準として紹介していますが
もちろんその症状には個人差があり、利用する際には十分な注意が必要です。

肌質とは「体質」の一部であり、幼い頃から悩んでいる人にとっては
常識的なことと言えますが、新しいアイテムを試し始める際には
「狭い範囲」それも比較的丈夫な「腿」といった部分から始め
「少しずつ範囲を広げる」ということが鉄則になります。

顔に使うアイテムだとしても、まずはその他の部分に使ってみて
安全を確認したうえで、徐々に習慣化していくことが必要です。

「自分にとって、劇的に有効なアイテムかもしれない」という期待と同時に
「もしかしたら、かぶれてしまうかも」といった、危機意識を常に持ちましょう。

慎重に試すこともまた、有意義な発見につながることでもあります。

ピックアップ記事

アトピー肌の女性は乳液を使うべき?美容液・クリームだけでいい?~基礎化粧品を適切に使いこなせ!~

アトピー肌・乾燥肌と呼ばれる、外部からの刺激に敏感な肌を持った女性は 日々の「メイクアップ」に関する悩みが、人一倍特に多いことに違いありま…

ページ上部へ戻る